物心腐ったころの話

物心腐ったころの話をします。

 

「物心腐った」と自覚したのは高3の秋

 

受験期

 

推薦受験1か月前

 

何をやっているんだ受験生

 

友達に借りた漫画の絵柄が大変好みで

思わず買いました

Amazon CAPTCHA

 

そんで次に買ったのがこっちです

 

年下彼氏の恋愛管理癖|コミック|竹書房 -TAKESHOBO-

 

理さんの見た目が本当に性癖

黒髪美人の華奢な人っていいですよね……

三次元でも黒髪美人の華奢な人大好きです

 

この時の私「腐ってない!!!!!!!!絵柄が好きなだけ!!!!!!!!」

友人S「自分を認めなよ!!!ありのままの自分を受け入れるんだよ!!!!!」

 

話は飛びまして受験後の私

数学のとある独身貴族の男性教師がいまして

いつもちょっとぶかぶかのスーツを着てました

「数式の美しさがウンタラ」みたいな話ばっかりする

今思えば大学の先生によくいる「自分の話がたのしくて仕方がない」タイプの先生

 

私「彼氏は年下だと思うか?年上だと思うか?」

S「年上派」

私「年下派」

S「なんで?????年上のイケメンナイスミドル社長でオラオラドSで、

  でもとても優しい彼氏に甘やかされて宗じゃん」

私「年下のイケメンIT系彼氏に甘えられて甘やかされてそうじゃん」

 

(※先日妹から「結婚するらしいよ」と連絡をもらいました。ご結婚おめでとうございます)

 

「あの若手数学イケメン教師と国語の先輩教師はどっちが右か」

「A×Bだろ」

「わかる」

「Bはなんなの??なんでAと一緒にカラオケオールとかおうちで飲んでベロベロになった話とかするの?????腐女子にえさを与えてるの????」

 

みたいな話もしてました。

成人式後の同窓会に若手数学イケメン教師(加藤シ〇アキ似)が来ると思うんですが

あの頃より発酵が進んだ今、きれいな目と心を装備してみるのが不可能だと思います。

めっちゃカツキユウリみたいなお尻してたな………あとスーツがめっちゃ似合っていたので授業中マジで眼福でした

スリーピーススーツは性癖です

あと寒くなってくるとスーツの下にカーディガンを着てくるのでそれも好きです

お腐れの中では「授業中の後ろ姿マジで眼福」「お尻に目が行く」みたいな話してました

 

 

受験後大学に入学してみますと

あら不思議腐った人だらけ

私の周り腐女子だらけ

 

腐ったものと一緒にいると自分も発酵が進んでいくものでして

pixivを一日平均1時間くらいあさる日々です

 

 

 

物心腐ったころの話なんですが

 

いわゆるBLを読んだのは高3が初めてではない

 

実は中2の時に読んでました

 

Amazon CAPTCHA

 

人生初はこっちです

あと今思えば薄〇鬼の二次創作的なものも読んでました

あとさっきの友人Sに「なぜかお嫁さん学校がある世界線で男子高校生がいろいろな(いろいろな)お嫁さん修行をする話」シリーズで「保険医が結婚相手になる話」だったり「玩具(玩具)開発メーカーの社長のいいなずけになる話」だったりを読みました

正直あの頃は読んでて「なんだこれ??」とつっこみをいれつつそれ以上は踏み込まないように理性が働いてましたけど、嫌悪感は感じなかったのであのころから素質みたいなものはあったんだな……と思います

 

あと大学入ってから語彙力がなくなったなと自覚しました

 

今回は物心腐ったころの話なのでなんのコミック読んでるだとか

性癖の話をしませんでした(全力で理性が働いた)がpixivのお気に入りを見ると

いっきにバレます

あと趣味垢のいいね欄とフォロー欄、ツイートで人の性癖はわかります

 

以上物心腐ったころの話です

次回更新時には携帯小説の話をすると思います